ところざわまつり 2018 | 地域愛と街づくりへの関心を高め、楽しむ祭り

2018年10月7日に行われた、毎年20万人以上を動員する気迫と熱気が燃え上がる「ところざわまつり」に参加してきました。

明治初期から続く山車祭として市民によって受け継がれたという歴史ある祭りでもあります。

山車の引き回しや居ばやし、よさこいやサンバカーニバル、神輿など様々な要素をミックスした1日限りのお祭りです。

ところざわまつりの歴史

初めて「ところざわまつり」の名称となったのは昭和59年のこと。それまでは「商工祭」「山車祭り」等の名称で開催されていました。

現在では毎年行われている山車のひきまわしですが、かつては費用の問題から、 5年毎の市制施行記念など、特別の行事の時にしか開催されませんでした。現在、山車は元町本町、有楽町、御幸町の3台が市の指定文化財となっています。

そして、山車祭りに欠くことができないものとして祭囃子です。 所沢の祭囃子の主流は重松(じゅうま)流と呼ばれるテンポの良さと、 屋台囃子の小太鼓2つの掛け合いが特徴といわれている流派です。

幕末から明治初期にかけて所沢を中心に近隣に広まった流派で、所沢に住んでいた古谷(ふるや)重松(じゅうまつ)が広めました。 現在、この祭囃子も市の無形民俗文化財に指定されています。

ところざわまつりの様子

ところざわまつりは、西武所沢駅→ファルマン・昭和・プロペ通り→銀座通り→金山町通りまでの間を通行止めにして行われます。

道路では様々な催事が行われ、かなりの数の出店が並びます。

ところざわまつり 駅前案内所

駅から出るとすぐに案内所がある

所沢駅から出るとすぐに案内所があるので、まつりのパンフレットとタイムスケジュールを受け取ります。

11時くらいに到着しましたが、この時点ですでにたくさんの人で賑わっていました。ここまで所沢が賑わっているのは初めて見ました。

ところざわまつり 重松流祭囃子

重松流祭囃子

通りに出ると、早速、重松流祭囃子をみることができました。

独特のリズムに合わせて、ひょっとこのお面を被った小さい子どもたちがとても上手に踊っていました。

まつりの幕開けとしてこれから盛り上がっていくぞ!という感じがとても伝わってきました。

早めの時間にも関わらず沿道にはご覧の通りたくさんのお客さんがいました。

ところざわまつり 埼玉西武ライオンズ

パレードには埼玉西武ライオンズも!

パレードには埼玉西武ライオンズも参加。改めてパ・リーグ優勝を達成おめでとうございます。

この日は10月なのに30℃超えととても暑く、レオくんもどこか暑そうな感じ。

ところざわまつり 民謡流し

民謡流し

元町コミュニティ広場からは民謡流しがスタート。着物が揃っているとやっぱり綺麗に見えます。この日に向けてたくさん練習をしたんだなというのが伝わってきます。

民謡流しで使われているのが「所沢音頭」。ところざわまつりを後援する商工会議所制定の曲です。

昭和25年に所沢市制施行を記念して所沢商工会議所が所沢音頭を一般公募して選ばれたという歴史ある曲です。

ところざわまつりのトコろん

民謡流しにはトコろんも参加!

上手に民謡流しを踊っていましたが、やはり人気者。

写真撮影のお願いの嵐で、ちょっぴり可哀想でした(笑)少し踊って、進んでは撮影の繰り返しでした。

これがずっと続くとなると、トコろん大変だな・・・

ところざわまつり 有楽町の山車

所沢市指定有形文化財「有楽町の山車」

明治初期に後藤徳蔵によって制作された有楽町の山車。砂川村(立川市)から16代深井伝右衛門が買い取り町内に寄付されました。左右柱に上り龍と下り龍、破風には竜宮の彫刻があり豪華な山車です。

当時の制作費用として1000円という記録がありました。当時の1円は、現在の価値で言うと2万円程だったと推測すると、この山車は2000万円の価値があるということになります。

職業によっての所得格差も大きく、明治30年ごろの警察官や小学校の教員などの給料は8~9円、一人前の大工さんやベテランの技術者においては20円だとされていることから換算すると、当時の1円は2万円程度ではなかったのかと推測できます。

引用元:明治時代の1円の価値はどれだけ重いものだったのか?

ところざわまつり

たくさんの人で賑わっていた

美味しいものが集中している、元町コミュニティ広場はたくさんの人で賑わっていました。

牡蠣のがんがん焼き

牡蠣のがんがん焼き

筆者の中でまつりの定番となりつつある「牡蠣のがんがん焼き」。

4個で1000円となかなかの値段ですがこれが美味いんです。イベントの度にどこかなと探してしまいます。

荻だこのたこ焼き

荻だこのたこ焼き

所沢市のお店ではないのですが「荻だこ」のたこ焼きはがフワフワ中身はとろ〜りとしていて美味しかったです。

トコろんグッズ

トコろんグッズがたくさん

ところざわまつり2018の木札とぬいぐるみキーホルダーをゲットしました。

うちわとシールをおまけとして付けてくれて歓喜!

ところざわまつりに参加してみて

予定の関係上、短時間しか参加することができませんでしたが、それでも十分楽しむことができました。

ところざわまつりのほんの一部しかお伝えできませんでしたが、まつりの雰囲気が伝わればいいなと思います。

山車の居ばやし・ひきまわし(統一行動)やサンバカーニバルやよさこいなど、見たいものが見れなかったのは残念ですが来年への楽しみとしてとっておきます。

来年こそは夜の雰囲気を楽しみたいですね。

まとめ

20万人以上動員する「ところざわまつり」色々な意味で半端ないって!1日中やっているイベントなので思い切り楽しめます。来年も参加するぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です