NHKプレミアム ふらっとあの街 旅ラン10キロ | 「所沢」 放送内容まとめ

2018年11月7日NHKプレミアの「ふらっとあの街 旅ラン10キロ」 という番組で所沢市が紹介されました。

放送された内容についてまとめました。

ふらっとあの街 旅ラン10キロとは?

簡単に言ってしまえば、散歩番組のランニング版です。毎回異なる旅ランナーが約10km走りながら、自然や出会った人、美味しいものなど街の魅力を紹介する番組です。

10kmも走るのは、慣れていないとなかなかキツイのではないかなと思いますが、出演している方はそんなことを感じさせない程パワフルで凄いなと思いました。

走って街を旅する「旅ラン」。今、楽しむ人が増えています。 この番組では「旅ラン」をしながら、街の意外な魅力を発見します。 走る距離はだいたい10キロぐらい。 気になる場所や出会いがあれば、自由に立ち止まり、気ままに寄り道もします。 驚きの絶景や発見、人々のあたたかみが満載。 「走るからこそ見えてくる」街の魅力に触れる新しいスタイルの旅番組です。

引用元:番組情報 – ふらっとあの街 旅ラン10キロ – NHK

<出演者>

  • つるの剛士
  • 篠山輝信
  • 鈴木ちなみ
  • 虻川美穂子
  • 安田美沙子
  • 遼河はるひ

所沢市をランニング

所沢市を走った旅ランナーはつるの剛士さんでした。爽やかで人当たりもよく、見ているだけで本当にいい人だなぁというのがわかります。

小さい頃は西武線沿線に住んでいたり、子どもを連れて航空公園に来たりしたこともあったそうです。

放送中に「ところざわまつり」ののぼりが見えたので、9月末頃〜10月頃に撮影したと思われます。

所沢駅をスタートし、様々な場所に寄り、ゴールの狭山湖を目指す旅ランでした。

所沢市は、人口34万で都心からは電車で30分足らず。でも、住宅やビルが並ぶだけのベッドタウンではないんです。優しい風が吹き抜けるお茶畑があったり、クヌギやナラなどの落葉樹が茂る里山があったり。旅ランナーのつるの剛士さんは、街中で見つけたお店で素朴な焼き団子に舌鼓。古い民家で紙芝居も楽しみます。暮らしてみたくなるベッドタウンを、キンモクセイの香りに癒やされながら走る旅ラン10キロ。

引用元:過去の放送 – ふらっとあの街 旅ラン10キロ – NHK

旅ランの内容

START(A)
所沢駅
駅前の再開発や、駅のすぐ近くの広大な茶畑に驚く
B
航空公園
紙飛行機を飛ばす方々と出会い、よく飛ぶ紙飛行機に驚きロマンを感じる
C
武蔵屋
所沢名物「やきだんご」でパワー補給
D
黒田園
「色は静岡、香りは宇治、味は狭山でとどめさす」という名言を聞きつつ、淹れたての狭山茶をいただく
E
荒幡富士
標高119mの人口富士山で所沢の自然・景色を味わう
F
古民家付き農園corot
紙芝居を読む方々と出会い、紙芝居の朗読にチャレンジ
G
トトロの森
大自然に圧倒される
H
トトロのつもり
トトロの形に剪定された木を記念撮影
GOAL(I)
狭山湖
広大な湖にてゴール 

まとめ

やはり知っている場所がたくさん映るとテンションが上ります!航空公園・荒幡富士などの観光地や、焼きだんご・狭山茶と言った名物が紹介され、所沢の魅力が存分に伝わった回だったと思います。30分番組ですがもっと見ていたいなと感じました。
MEMO
11月14日水曜 NHKBSプレミアム 午前8時30分~ 午前9時00 再放送予定となっていますので見逃した人は是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です