神明社 ( いも神社 ) | 「川越いも」発祥の地!いも神様を祀った神社【新所沢】

多聞院のすぐ隣に「いも神社」と呼ばれる有名な神明社があります。

サツマイモの形をした「撫でいも」が置いてあるユニークな神社です。 かつては多聞院と同敷地でしたが、明治時代初期の神仏分離により分割されました。

「川越いも」で有名なさつまいもの栽培の発祥の地でもあります。

いも神社 神明社の様子

神明社 いも神社

道路沿いにある立派な鳥居

入り口には立派な鳥居が立っていて、狛犬が鎮座しています。

木々も生い茂り、まさに神社の雰囲気が漂っています。

多聞院同様にパワースポットと感じることができます。

いも神社 神明社

千木は内削、鰹木は10本と偶数なので内宮といえる

御祭神は、日の神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)、穀物の神倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、殖産興業の神誉田別尊(応神天皇)(ほんだわけのみこと)、田の神大山祇命(おおやまつみのみこと)、安産の神木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、守護神進雄命(すさのおのみこと)です。

いも神社 神明社

静かで落ち着く空間

甘藷乃神(いものかみ)

いも神様

狛犬もサツマイモを抱いている

こちらが「撫でいも」です。立派なサツマイモが祀られています。

サツマイモを抱いた狛犬、撫でいもは、東京オリンピックの聖火台を制作された故鈴木文吾先生が監修・制作されました。

やせた土地でも丈夫に育ち、干ばつや病虫害などにも強いサツマイモは生命力の象徴。これを撫でると、健康・家内安全・子孫繁栄・開運などのご利益があるそうです。

いも神様の由来

いも神様の由来が書かれている

当地が「川越いも」の本場であることから、平成18年11月23日、作り初め255周年を記念して、弥右衛門さんの功績を称えるとともに、関東のサツマイモ作りの元祖である甘藷先生と合わせて『甘藷乃神(いものかみ)』としておまつりさせていただくことになりました。

引用元:所沢 神社 | 神明社

1月1日、2日とサツマイモが豊作の年は、地元の農家の方の奉納により2000本の焼き芋を無料で貰える「焼き芋祭り」が開催されます。初詣のタイミングで行ってみたいですね。

まとめ

あの有名な「川越いも」の発祥が所沢だったということは意外と知られていないのではないでしょうか?所沢の農業を語る上でも欠かせませんね。サツマイモが祀られているというのも中々ユニークで話のネタとしても良いと思います。

いも神社のすぐ隣に多聞院毘沙門堂がありますので、合わせて訪れてみてください。

多聞院毘沙門堂 | 身がわり寅と牡丹・紅葉で有名なパワースポット【新所沢】

INFORMATION

スポット名 神明社 ( いも神社 )
TEL 042-943-1709
住所 所沢市中富1507
アクセス 最寄りバス停「多聞院通り西」徒歩7分
駐車場 なし


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です