ダ・ヴィンチストア | 「発見×連想」で日常を豊かにする体験型書店【東所沢】

ところざわサクラタウン内にある、「発見と連想」をコンセプトにした、KADOKAWA直営の体験型書店「ダ・ヴィンチストア 」に行ってきました。

普通の書店の造りとは異なっていて、角川武蔵野ミュージアムのようにテーマ別に本が並べられている「EDIT TOWN QUBE(エディットタウン・キューブ)」が特徴です。

そもそも角川武蔵野ミュージアムの館長・松岡正剛氏プロデュースで、同じ仕様となっているため、新たな本との出会いが待っています。

『 ダ・ヴィンチストア 』のアクセス・駐車場・営業時間など

INFORMATION

  • 【住所】
    所沢市東所沢和田3-31-3
  • 【アクセス】
    JR武蔵野線「東所沢駅」徒歩10分
  • 【営業時間】
    10:00~20:00
  • 【定休日】
    年中無休
  • 【駐車場】
    あり

『 ダ・ヴィンチストア 』はどんなトコロ?

ダ・ヴィンチストアの外観

入り口のコロナ対策もバッチリ

発見を体験する、連想を体感する ダ・ヴィンチストアは「発見と連想」をコンセプトにした、KADOKAWA直営の体験型書店です。 コンセプトをもとにした書棚「発見×連想ギャラリー」をはじめ、角川武蔵野ミュージアムの館長・松岡正剛氏プロデュースによる「EDIT TOWN QUBE(エディットタウン・キューブ)」など、今までにない読書体験を提供します。
さらに、KADOKAWAが誇るマンガ・ライトノベル作品をより楽しむための企画や、アニメデッキ、EJ アニメホテルと連動した“ ここでしか買えないグッズ” の販売も行います。
店内のイベントスペースやセミナールームでは、本に関連した様々な催し物を用意するほか、編集部門のノウハウを活用したワークショップや、KADOKAWAと所縁のある著名人をお招きしたイベントを実施します。

引用元:トップページ | ダ・ヴィンチストア

ダ・ヴィンチストア

店内にはサイン色紙がたくさん

店内の至るところにサイン色紙が並べられています。

外からでもご覧の通りずらりと並んでいるのを見ることができるので、これだけでも興味をそそられますね。

その他にもフィギュアが並んでいたりと作品のファンにとってはたまりません。

ダ・ヴィンチストア

至るところに名言が!

店内にはある程度テーマごとに本が並べられています。

コミックはコミック、文庫は文庫といったように普通の書店とは異なり、テーマに沿って並べられています。

そのため関連する本が近くにあるため、新たな本の発見、そして連想することにより今まで一切出会うことがなかった、手にすることがなかった本と出会うことが可能になっています。

なので普通の書店だなと思って入店するとバリバリ違和感を感じるはずです。

ダ・ヴィンチストア

様々な場所を眺めてほしい

また、エディットタウンの延長かのようで、書店の様々な場所には名言が刻まれているので目を凝らしてみていただきたいなと思います。

本はわれわれの一部であって、われわれはまた本の一部である

ダ・ヴィンチストア

本棚は『編集を生み出す装置』である。

書店は『知を創発するシステム』である。

ダ・ヴィンチストア

本にはどんな情報もどんな知識もどんな勘定も入りうる。

ナポレオン帝国もラグビーもピータパンの冒険も、すべて本になる。

どの言葉もなかなか奥深いメッセージです。

本当にいい意味でのごちゃまぜ感がここでも遺憾なく発揮されていることを感じます。

ダ・ヴィンチストアの読者スペース

店内には読書コーナーもある

店内の窓際には読書コーナーが設置されていて、そこで本を読むことができるようになっています。

しっかりとアクリル板で敷居がされています。

ここではワークショップやイベントが行われそうです。

ダ・ヴィンチストアのサイン本コーナー

たくさんのサイン本も並ぶ

読書コーナーの脇にはサイン本のコーナーが設置されていて、ご覧の通りサイン本がずらりと並んでいます。

お気に入りの作家の本があったらラッキー!

ダ・ヴィンチストア

様々なテーマで本が並ぶ

ダ・ヴィンチストア

イスも用意されている

各所にはイスが用意されているため本を手にとって読むことができるようになっています。

思わず長居してしまいそう。

ダ・ヴィンチストア

埼玉特集

もちろん埼玉WalkerやラーメンWalkerなど埼玉・所沢に関する本のコーナーもありました。

ダ・ヴィンチストア

ジブリコーナー

所沢にゆかりのある宮崎駿監督のジブリコーナーや、妖怪コーナーなどいろいろな角度からの視点で、店内の各コーナーが本で彩られているので、時間を忘れてついつい眺めてしまいます。

ダ・ヴィンチストア

スレイヤーズコーナー

30周年記念や、イベント開催は延期とはなったもののスレイヤーズコーナーの充実度がすごかったです。

ここはイチオシの作品が並べられる平台で、行く度に必ずチェックしたほうがよいと思います。

サインまで並んでいて圧巻。

ダ・ヴィンチストア

今話題の・・・

もちろん今話題の鬼滅の刃グッズもご覧の通り取り揃えられています。

ダ・ヴィンチストア

本の数もすごい

本の数もすごいですが、この配置でどこに何の本が置いてあるのか店員さんも把握できているのか謎です(笑)。

でもなぜか足を運んでしまう魅力が詰まっているのです。

ダ・ヴィンチストア

Sassyのかわいいフォトスポット

子ども向けのフォトスポットも設置されていて、小さい子も楽しめるようになっています。

まとめ

トコブロ
普通の書店と思って入店するとびっくりするはず!
新たな本との出会いを期待して足を運ぶことがオススメです。


フォローして
最新情報をゲット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です