令和3年5月20日から災害対策基本法が改正され「 避難勧告 」が廃止となり「 避難指示 」に一本化へ

災害対策基本法が改正され、これまで災害発生の恐れがある場合に市が発令していた、その場からの避難を促す「避難勧告」は廃止となり、「避難指示」に一本化されることになりました。
令和3年5月20日から実施されています。

警戒レベル4は「避難指示」へ

※1市町村が災害の状況を確実に把握できるものではないため等の理由から、警戒レベル5は必ず発令される情報ではありません。
※2避難指示は、これまでの避難勧告のタイミングで発令されることになります。
※3警戒レベル3は、高齢者等以外の人も必要に応じ普段の行動を見合わせ始めたり、避難の準備をしたり、危険を感じたら自主的に避難するタイミングです。

  • 避難に時間のかかる高齢者や障害者の避難を促す「警戒レベル3」の”避難準備・高齢者等避難開始”が、“高齢者等避難”に変更されました。
  • 「警戒レベル4」には”避難勧告”と”避難指示(緊急)”の2つが位置付けられていましたが、その差がわかりにくかったことから“避難指示”に一本化されました。
  • 災害が発生または切迫した状況であり、命の危険が迫っている状況を知らせる「警戒レベル5」は”災害発生情報”から“緊急安全確保”に変更されました。

避難指示に一本化

“避難勧告”は、災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合に、発令されていました。
指定された避難所など安全な場所への避難を勧めるためのものですが、避難を強制するものではありません。

“避難指示”は、状況がさらに悪化し、災害によって人的被害が出る危険性が非常に高まった場合や人的被害が発生した場合に発令されていました。
避難指示が出た場合は直ちに避難しなければいけません。ただ避難しなかった人に対する罰則規定などはありません。

今までは上記のようにわかれていましたが、その差がわかりにくかったことから“避難指示”に一本化されました。“避難指示”が出されるまでに必ず避難をしてください。

避難情報の伝達文(例)

防災行政無線やところざわほっとメールなどで以下のような文言で情報を伝達します。
こちらは所沢市です。 令和〇年〇月〇日〇時〇分、洪水警報の発表に伴い、【警戒レベル4】避難指示を発令しました。 対象区域は次のとおりです。
〇〇地区の〇〇川沿いにお住まいの方
△△地区の△△川沿いにお住まいの方
<とるべき行動>
危険な場所から全員避難してください 避難場所への避難が困難な場合は、建物の2階以上に一時的に避難するなどの行動をとってください。

引用元:避難情報が変わります 所沢市ホームページ

安全な場所にいる方は、あえて避難所に行く必要はありません。危険な区域外にお住まいで、ご自身で安全が確保できる方は、在宅避難を基本とした避難行動をとってください。

まとめ

トコブロ
少しややこしい話ですが、レベル4の避難指示が出された場合は必ず避難をすると覚えておいてくださいね!「避難勧告」はなくなりましたのでご注意を!

いいね ! をして
最新情報をゲット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です