角川武蔵野ミュージアム | オープン1周年記念展「浮世絵劇場 from Paris」開催【東所沢】

角川武蔵野ミュージアムのオープン1周年記念展として、巨大映像空間へ没入する360度体験型コンテンツ「浮世絵劇場 from Paris」が開催されます。

12幕の異なる映像シーンが1100㎡を超える大空間に映し出されるほか、本展で使用された大量の浮世絵を紹介するコーナー、さらに新たな感性で浮世絵を作り続ける日本の現代浮世絵師たちの作品も紹介し、進化を続けている浮世絵の今を堪能することができます。

『 浮世絵劇場 from Paris 』展覧会概要

  • 展覧会タイトル:浮世絵劇場 from Paris
  • 英語タイトル:UKIYO-E THEATER from Paris
  • 会期・会場:2021年10月30日(土)~2022年4月10日(日)
    角川武蔵野ミュージアム 1階グランドギャラリー
  • 主催:角川武蔵野ミュージアム(公益財団法人角川文化振興財団)
  • 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
  • 協賛:デルタ電子株式会社
  • 協力:UKIYO-E PROJECT/株式会社ミズマアートギャラリー/東京伝統木版画工芸協同組合/コエドブルワリー

フランスで200万人を動員し、凱旋帰国!最新技術を駆使した豪華絢爛十二幕!!  
江戸時代、浮世絵1枚の値段は28文、かけ蕎麦一杯と同じだったと言います。「浮世」とは「現世」のこと。人々の身近な存在であった「浮世絵」は「今を写す絵」だったのです。今で言えば、テレビやインターネット、インスタグラムのような身近なメディアでした。
19世紀、ヨーロッパに渡った「浮世絵」は、印象派の芸術家達に大きな影響を与えました。その影響は現在も続いています。
ダニーローズ・スタジオは、「浮世絵」にテクノロジーとストーリーを掛け合わせ、全く新しい巨大映像空間を創造しました。
この度、フランス国内で計200万人が体験したDreamed Japan“Images of the Floating World” が、大幅にパワーアップして日本で凱旋上映。12幕の異なるシーンが角川武蔵野ミュージアムの1,100㎡を超える大空間にダイナミックに映し出される「SPIRIT of JAPAN」としてWorld Premier 開催される運びとなりました。
扇が時を刻み、提灯が宙を舞い、桜の花びらが風に揺れ、荒波がリズムにあわせて頭上を駆け巡る。 360度映像に包まれた広大なスペースに展開される「浮世絵劇場」を、全身でご体感ください。 
引用元:あの「本棚劇場」の角川武蔵野ミュージアムが贈るオープン1周年記念プレミアム企画!「浮世絵劇場 from Paris」10月30日(土)豪華絢爛に開幕!!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

『 浮世絵劇場 from Paris 』チケット

  • 【オンライン購入価格(税込)】
    大人(大学生以上):2200円/中高生:1800円
    小学生:1100円/未就学児:無料
  • 【当日窓口購入価格(税込)】
    大人(大学生以上):2400円/中高生:2000円
    小学生:1300円/未就学児:無料

まとめ

トコブロ
もう1周年なんですね!時が経つのは早いですね!フランス国内で計200万人が体験した展示会はまさに1周年にぴったり。期間も長いのでぜひとも体験したい!


フォローして
最新情報をゲット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です